河川/流域環境研究室
Japanese English
REEL
水惑星地球を科学する水をめぐる自然と人、人と人の調和と和やかさを求めて

水惑星地球を科学する水をめぐる自然と人、人と人の調和と和やかさを求めて人口の急増と人間の活動範囲の拡大によって、水を巡って人と自然、人と人の間に大きな軋轢が生じている我々は、地点~地球全体の空間軸、過去~未来の時間軸、微生物~ヒトの生態軸、意識~行動の人間軸を設定して、ヒトと自然が織り成す様々な水環境問題に取り組んでいる。

新着情報

[2017-12-07] 博士課程のAbdul MoizさんがUSMCA優秀若手研究者賞を受賞
[2017-11-28] 災害レジリエンンス構築のための科学・技術 国際フォーラム2017での発表および共同議長
[2017-10-01] 社会連携講座「水循環データ統融合の展開学」を開設
ニュース一覧

研究紹介

教員からのメッセージ

池内幸司

池内幸司いけうちこうじ 教授 

水害等の自然災害に対する防災・減災対策、良好な河川環境の保全・復元、老朽化が進むインフラの戦略的な維持管理・更新などに関する研究や教育などを進め、安全で安心できる豊かな社会の実現に向けて貢献してまいります。
CVダウンロード(PDF)

知花武佳

知花武佳ちばなたけよし 准教授

学生達と共にできるだけ多くの河川流域を訪れ、現場を見る目を養いつつ、そこに見られる現象を理解し、解決策を提案するために必要な知識を得るため、学生も教員も一丸となって勉強・研究を進めております。
CVダウンロード(PDF)

川崎昭如

川崎昭如かわさきあきゆき 特任准教授

水循環と水関連分野のデータ統融合を促進する研究開発を推進するとともに、得られた科学知を体系化して教育を行うとともに社会に実装し、公共的利益を創出することを目指しています。研究開発を通した途上国への支援にも力を入れています。
CVダウンロード(PDF) ブログ:川崎グループだより

最終更新: 2017-02-10