stswata

お知らせ

2019-03-25
文献情報を更新。
2018-08-20
公開開始。

渡部哲史
WATANABE Satoshi

Satoshi Watanabe

職歴

2018年4月~現在 東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻
河川/流域環境研究室 社会連携講座「水循環データ統融合の展開学」 特任講師

2012年10月~2018年3月 東京大学大学院工学系研究科総合研究機構 助教

2012年4月~2012年9月 東京大学大学院工学系研究科総合研究機構 特任助教

学位

博士(工学)(東京大学)

学歴

2012年3月 東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻 博士課程修了

2009年3月 東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻 修士課程修了

2007年3月 早稲田大学理工学部経営システム工学科 卒業

主な研究テーマ
Research Topics

気候予測情報のダウンスケール・バイアス補正手法の開発

・・・

大規模気候予測情報を活用した水関連災害リスク評価

・・・

気候変動・人口減少下での河川/流域環境

・・・

島嶼地域における観光・環境・地域社会の相互関係

・・・

中山間地域におけるため池の維持管理

・・・

水害が地域社会に与える長期的影響

・・・

研究業績
Publication

査読付き論文

  1. Watanabe, S., S. Kotsuki, S. Kanae, K. Tanaka and A. Higuchi, Snow water scarcity induced by record-breaking warm winter in 2020 in Japan, Scientific Reports, 【受理】
  2. Watanabe, S., M. Yamada, S. Abe, and M. Hatono, Bias correction of d4PDF using a moving window method and their uncertainty analysis in estimation and projection of design rainfall depth, 14(3), 117-122, 2020.
  3. Mason D., A. Iida, S. Watanabe, L. Jackson, and M. Yokohari, How urbanization enhanced exposure to climate risks in the Pacific: A case study in the Republic of Palau, Environmental Research Letters, XX(X), XXXXX, 2020.
  4. 小槻峻司, 桃井裕広, 菊地亮太, 渡部哲史, 山田真史, 阿部紫織, 綿貫翔, 回帰学習器のアンサンブル学習による降雨洪水氾濫モデル・エミュレータ, 土木学会論文集B1(水工学), Vol76(2) I_XXXX-I_XXXX, 2020.
  5. 関本大晟, 渡部哲史, 小槻峻司, 山田真史, 阿部紫織, 綿貫翔, 降雨流出氾濫モデル・エミュレータによる浸水範囲予測, 土木学会論文集B1(水工学), Vol76(2) I_XXXX-I_XXXX, 2020.
  6. 丸谷靖幸, 渡部哲史, 玉川一郎, JRA-55降水量の統計的補正手法の開発に必要な観測年数に関する検討, 土木学会論文集B1(水工学), Vol76(2) I_XXXX-I_XXXX, 2020.
  7. 齋藤奏磨,松本綾乃,渡部哲史,気温・降水量との関係を踏まえた2020年の積雪深の特徴と将来変化傾向の推計,土木学会論文集G(環境)【受理】
  8. Tanoue, M., R. Taguchi, S. Nakata, S. Watanabe, S. Fujimori, and Y. Hirabayashi, Estimation of direct and indirect economic losses caused by a flood with long‐lasting inundation: Application to the 2011 Thailand flood, Water Resources Research, 56, e2019WR026092. 2020.
  9. 丸谷靖幸, 渡部哲史, 玉川一郎, 流域スケールの気候変動影響評価に向けたJRA-55の統計的補正手法と力学DSの比較, 土木学会論文集B1(水工学), Vol75(2) I_1123-I_1128, 2019.
  10. 武藤裕花, 渡部哲史, 山田真史, 知花武佳, 人口動態と地形に着目した水害常襲地の社会的特徴の考察, 土木学会論文集B1(水工学), Vol75(2) I_49-I_54, 2019.
  11. 阿部紫織, 渡部哲史, 山田真史, 小槻峻司, 綿貫翔, 大規模気候予測情報に基づく浸水リスク推計の特性について, 土木学会論文集B1(水工学), Vol75(2) I_1081-I_1086, 2019.
  12. 新井崚太, 渡部哲史, 魏忠旺, 池内幸司, d4PDF流出量に基づく 日本域将来洪水リスク評価とその課題, 土木学会論文集B1(水工学), Vol75(2) I_1069-I_1074, 2019.
  13. 影山雄哉, 山田真史, 渡部哲史, 池内幸司, 大規模アンサンブル実験データを用いた 累積雨量と洪水ピーク流量の関係の考察, 土木学会論文集B1(水工学), Vol75(2) I_1075-I_1081, 2019.
  14. Watanabe, M., A. Yanagawa, S. Watanabe, Y. Hirabayashi, and S. Kanae, Quantifying the range of future glacier mass change projections caused by differences among observed past-climate datasets, Climate Dynamics, Volume 53, Issue 3–4, pp 2425–2435. 2019.
  15. 中嶋一樹, 池内幸司, 渡部哲史, 降雨強度の増大に適応した既存調整池の放流能力拡大による治水機能向上効果の分析, 河川技術論文集, 25, 61-66, 2019.
  16. 山田真史, 知花武佳, 渡部哲史, 地先のハザードカーブに基づいた流域の地理的構造化とその自然的・社会的要因の分析, 河川技術論文集, 25, 37-42, 2019.
  17. 伊藤 悠一郎, 中村 晋一郎, 芳村 圭, 渡部 哲史, 平林 由希子, 鼎 信次郎, 建物立地とその変化過程に着目した平成30年7月豪雨による浸水被害の分析, 土木学会論文集B1(水工学), Vol75(1) I_299-I_307, 2019.
  18. 山本奏音, 福島秀哉, 渡部哲史, 集落形成・生業・地域行事からみた石垣島集落における地域住民の空間認識の特徴, 実践政策学, 5(1), 87-100, 2019.
  19. Noda, K., A. Iida, S. Watanabe, and K. Osawa, Efficiency and sustainability of land-resource use on a small island, Environmental Research Letters, 14(5), 054004, 2019.
  20. 廣尾智彰, 池内幸司, 渡部哲史, 大規模水害時における病院のリスク抽出およびリスクの上昇する患者の推計, 日本災害情報学会誌, No.17(1), 9-19, 2019.
  21. 渡部哲史, 中村みゆき, 内海信幸, アメダス観測点を対象とした d4PDFバイアス補正降水量データセットの開発, 土木学会論文集B1(水工学), Vol.74, No.5, I_127-I_132, 2018.
  22. 中村みゆき, 渡部哲史, 川崎昭如, 人口減少と資産分布変化を考慮した気候変動下における洪水被害推定, 土木学会論文集B1(水工学), Vol.74, No.5, I_91-I_96, 2018.
  23. 山上千波, 池内幸司, 渡部哲史, 大規模水害時の高齢者施設における人的被害の軽減効果を考慮した避難支援方策, 土木学会論文集B1(水工学), Vol74, No.5, I_297-I_302, 2018.
  24. 山田真史, 知花武佳, 渡部哲史, 水害統計に基づくリスクカーブ生成による全国一級水系の水害リスク評価, 土木学会論文集B1(水工学), Vol.74, No.5, I_399-I_404, 2018.
  25. Watanabe. S., N. Utsumi, and H. Kim, Projection of the changes in weather Potentially affecting tourism in the Yaeyama islands under global warming, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. G (Environmental Research), Vol.74, No.5, I_19-I_24, 2018.
  26. 山田真史, 知花武佳, 渡部哲史, 水害統計に基づく市町村スケールでの水害リスク評価手法の検討, 土木学会論文集G(環境), Vol.74, No.5, I_273-I_284, 2018.
  27. Komori, D., P. Rangsiwanichpong, N. Inoue, K. Ono, S. Watanabe, and S. Kazama, Distributed probability of slope failure in Thailand under climate change, Climate Risk Management, 20, pp.126-137, 2018.
  28. 山崎健一, 知花武佳, 山田真史, 渡部哲史,「子どもの水辺」における河川学習活動の分析と河道特性ごとの活用ポテンシャルの提示, 河川技術論文集, 24, 373-378, 2018.
  29. 渡部哲史, 内海信之, 大規模気候予測情報類型化に向けたd4PDF日本域降水量の特徴の把握,土木学会論文集B1(水工学) Vol.74, No.4, I_169-I_174, 2018.
  30. 渡辺恵, 柳川亜季, 平林由希子, 渡部哲史, 坂井亜規子, 鼎信次郎, アジア高山域における気象外力に起因する氷河融解量予測の不確実性, 土木学会論文集B1(水工学) Vol.74, No.4, I_211-I_216, 2018.
  31. Kinoshita Y., M. Tanoue, S. Watanabe, and Y. Hirabayashi, Quantifying the effect of autonomous adaptation to global river flood projections: application to future flood risk assessments, Environmental Research Letters, 14006, 2017.
  32. 渡部哲史, 鼎信次郎, 平林由希子, クオンタイルマッピング型補正を用いた気候変化影響評価に関する考察,土木学会論文集B1(水工学), Vol.73, No.4, I_115-I_120, 2017.
  33. 丸谷靖幸, 渡部哲史, 田中智大, 立川康人, ローカルスケールの気候変動影響評価に向けたJRA-55降水量に対する統計的補正手法の検討, 土木学会論文集B1(水工学), Vol.73, No.4, pp.I_121-I_126, 2017.
  34. Hirabayashi, Y., K. Nakano, Zhang, Y., S. Watanabe, M. Tanoue, and S. Kanae, Contributions of natural and anthropogenic radiative forcing to mass loss of Northern Hemisphere mountain glaciers and quantifying their uncertainties, Sci. Rep. 6, 29723, doi: 10.1038/srep29723, 2016.
  35. 乃田啓吾, 飯田晶子, 渡部哲史, 大澤和敏, 沖一雄, パラオ共和国バベルダオブ島における土地資源利用効率の検討, 応用水文, No. 28, pp31-40, 2016.
  36. 丸谷靖幸, Matthew R. Hipsey, 渡部哲史, Sri Adiyanti, 立川康人, 水文気象データが乏しい流域を対象とした気候変動影響評価手法の検討, 土木学会論文集B1(水工学), Vol.72, No.4, pp.37-42, 2016.
  37. Ikeuchi, H., M. Murakami, and S. Watanabe, Scavenging of PM2.5 by Precipitation and the Effects of Precipitation Pattern Changes on Health Risks Related to PM2.5 in Tokyo, Japan, Water Science and Technology: A Journal of the International Association on Water Pollution Research 72, no. 8: 1319–26, doi:10.2166/wst.2015.346, 2015.
  38. 田上雅浩, 渡部哲史, 恒川貴弘, 花崎直太, 平林由希子, 山岳からの氷河融解を考慮した全球水資源評価, 土木学会論文集B1(水工学), Vol71, No4, I_451-I_456, 2015.
  39. Watanabe, S., Y. Hirabayashi, S. Kotsuki, N. Hanasaki, K. Tanaka, C. M. R. Mateo, M. Kiguchi, E. Ikoma, S. Kanae, and T. Oki, Application of performance metrics to climate models to projecting future river discharge in the Chao Phraya River basin, Hydrological Research Letters, 8(1), 33-38, Jan 2014.
  40. Kotsuki, S., K. Tanaka, and S. Watanabe, Projected hydrological changes and their consistency under future climate in the Chao Phraya River Basin using multi-model and multi-scenario of CMIP5 dataset, Hydrological Research Letters, Vol: 8(1),pp.27-32, doi:10.3178/hrl.8.2 7, 2014.
  41. 野口淡海, Yong Zhang, 渡部哲史, 平林由希子, Caucasus地域におけるASTER衛星画像を用いたデブリ広域被覆分布の推定, 土木学会論文集G(環境), 69, I_53-I_60, 2013.
  42. Hirabayashi, Y., R. Mahendran, S. Koirala, L. Konoshima, D. Yamazaki, S. Watanabe, H. Kim, and S. Kanae, Global flood risk under climate change, Nature Climate Change, 3, 816-821, 2013.
  43. Hirabayashi, Y., Y. Zhang, S. Watanabe, S. Koirala, and S. Kanae, Proection of glacier mass changes under a high-emission climate scenario using the global glacier model HYOGA2, Hydrol. Res. Lett., 7(1), 6-11, 2013.
  44. 渡部哲史, 内海信幸, 鼎信次郎, 瀬戸心太, 沖大幹, 平林由希子, GCM, RCPシナリオ, バイアス補正手法の選択が日降水量極値の将来予測に与える影響の考察, 土木学会論文集B1(水工学), 69, I_385-I_390, 2013.
  45. Watanabe, S., S. Kanae, S. Seto, P. J.-F. Yeh, Y. Hirabayashi, and T. Oki, Intercomparison of bias-correction methods for monthly temperature and precipitation simulated by multiple climate models, J. Geophys. Res., 117, D23114, doi:10.1029/2012JD018192, 2012.
  46. 渡部哲史, 鼎信次郎, 瀬戸心太, 沖大幹, GCM出力値補正手法により生じる月平均気温および月降水量の予測差, 水工学論文集, 56巻, I439-I444,2012.
  47. 渡部哲史, 沖大幹, 鼎信次郎, 渡部雅浩, 木本昌秀,GCM月降水量補正手法およびMIROC5出力補正値の考察, 水工学論文集, 55巻, ppS469-S474, 2011.
  48. Watanabe, S., D. Komori, M. Aoki, W. Kim, S. Boonyawat, P. Tongdeenok, S. Prakarnrat, and S. Baimoung, Estimation of daily solar radiation from sunshine duration in Thailand, Journal of the Meteorological Society of Japan, 89(1A), pp355-364, 2011.
  49. 渡部哲史, 沖大幹, 鼎信次郎, 気候変動下での全球水資源量評価に向けた気候モデル出力値補正手法の開発と検証, 水工学論文集, 54巻, pp259-264, 2010.

査読付き総説・解説

  1. 渡部哲史,気候モデル出力値のバイアス補正(1)特徴に基づく手法の整理, 水文水資源学会誌.【受理】
  2. 中村晋一郎, 木村匡臣, 乃田啓吾, 渡部哲史, 西原是良, 社会水文学-その日本での展開に向けて-, 水文水資源学会誌,【受理】
  3. [招待] 田中智大, 渡部哲史, 小槻峻司, 林義晃, 丸谷靖幸, 峠嘉哉, 山崎大, 木村匡臣, 田上雅浩, 江草智弘, 橋本雅和, 仲吉信人, 最前線の水文・水資源学 ~WACCA世代の挑戦~,水文・水資源学会誌,31(6), 509-540,2018.

技術・調査報告(査読あり)

  1. 渡部哲史, 小槻峻司, 鼎信次郎, 田中賢治, 樋口篤志, 2020 年の記録的少雪に関する速報的分析, 水文・水資源学会誌, Vol.33, No.3, 182-188, 2020.
  2. 木村匡臣,海津裕,安田花南,渡部哲史,オートパイロット制御を搭載した小型ラジコンボートとソナーによる簡易ため池測深手法の開発と検証,農業農村工学会論文集, 6, pp10-13, 2020.
  3. 渡部哲史, 木村匡臣, 西原是良, 五名美江, 乃田啓吾, 中村晋一郎, 2009年8月台風9号に伴う豪雨による水害が兵庫県佐用町に与えた長期的影響, 水文・水資源学会誌, 30(6), pp386-394, 2017.
  4. 中村晋一郎, 内海信幸, 渡部哲史, 梯滋郎, 沖大幹, 平成23年7月新潟・福島豪雨による信濃川下流域での出水と被害の特徴-平成16年7月新潟・福島豪雨との比較を中心として-, 水文水資源学会誌, 25(2), pp113-121, 2012.
  5. 中村晋一郎, 渡部哲史, 新田友子, 稲葉一考, 簑島大悟, 沖大幹, 平成21年8月台風9号に伴う豪雨による水害の特徴, 水文・水資源学会誌,23(3), pp255-260, 2010.

国際発表・口頭

  1. Watanabe, S., H. Kim, and N. Utsumi, The application of super-ensemble experiments for the projection of future river discharge in East Asia, AOGS 2019 Annual Meeting , Singapore 2019
  2. Watanabe, S., T. Onodera, R. Arai, and K. Ikeuchi, Application of a large ensemble climate simulation for flood risk assessment of urban infrastructures, AOGS 2019 Annual Meeting, Singapore 2019
  3. Watanabe, S., H. Kim, and N. Utsumi, Dual window bias correction for runoff projected by super ensemble experiments, the International Conference on Water Resources and Environment Research (ICWRER), Nanjing 2019
  4. Watanabe, S., H. Kim, and N. Utsumi, An approach to effectively use large ensemble climate simulation for the projection of hydrological extremes in Japan under climate change, IUGG, Montreal 2019
  5. Watanabe, S., Dual window bias correction for hourly precipitation projected by super ensemble experiments, AOGS 2018 Annual Meeting, Honolulu 2018
  6. [Invited] Watanabe, S., The Importance of Bias Correction for Impact Assessments of Water-related Disasters, The International Conference on CCAW 2017, Jeju, Dec 2017.
  7. Watanabe, S., H. Kim, and N. Utsumi, The impact of climate change on hydrology under 1.5/2.0C degrees global warming, 4th HESSS, Tokyo, May 2017.
  8. Watanabe, S., A. Iida, J. Nakatani, K. Noda, M. Take, and S. Nakamura, The creation of reasonable projections toward sustainable development considering the climate and socioeconomic changes in the Pacific Islands, AGU2015, San Francisco, December 2015
  9. [Invited] Watanabe, S., H. Kim, Y. Hirabayashi, and S. Kanae, The importance of bias correction for impact assessments of water-related disasters on a regional scale, IPCC Workshop on Regional Climate Projections and their Use in Impacts and Risk Analysis Studies, Brazil, Sep. 2015.
  10. Watanabe, S., H. Kim, Y. Hirabayashi, and S. Kanae, Development of bias-corrected large-scale runoff dataset obtained from multiple GCMs, International Symposium on Environmental Flow and Water Resources Management, Thailand, Oct. 2014.
  11. Watanabe, S., H. Kim, Y. Hirabayashi, and S. Kanae, Impact of the difference between Bias-Correction methods on the global hydrological projections obtained from multiple CMIP5 GCMs, Asia Oceania Geosciences Society, the 10th Annual Meeting, Sapporo, Japan, Jul, 2014
  12. Watanabe, S., Y. Hirabayashi, S. Kotsuki, N. Hanasaki, K. Tanaka, C. M. R. Mateo, M. Kiguchi, E. Ikoma, S. Kanae, and T. Oki, Application of performance metrics to climate models to project future river discharge in the Chao Phraya River basin, JpGU 2014, Yokohama, Apr, 2014
  13. Watanabe, S., Y. Hirabayashi, and S. Kanae, A bias correction method which conserves the trend of variation, The 6th APHW Conference, Seoul, August. 2013
  14. Watanabe, S., H. Kim, Y. Hirabayashi, and S. Kanae, Representation of realisticvariability of CMIP5 runoff simulations, 3rd HESSS, Seoul, August 2013
  15. Watanabe, S., S. Kanae, S. Seto, P. J.-F. Yeh, Y. Hirabayashi, and T. Oki, Intercomparison of Bias-correction Methods Applied to Global Monthly Precipitation and Temperature Simulated by Multiple Climate Models, AOGS 2012 Annual Meeting, Singapore 2012

国際発表・口頭(共著)

国内発表・口頭

  1. 渡部哲史, 小槻峻司, 齋藤奏磨, 今後の温暖化を踏まえた近年の少雪に関する考察, 令和2年度土木学会全国大会第75回年次学術講演会, オンライン, 9月, 2020
  2. 渡部哲史, 中村みゆき, 川崎昭如, 将来洪水リスク評価において 人口減少を考える重要性, 平成30年度土木学会全国大会 第73回年次学術講演会, 北海道, 9月, 2018
  3. 渡部哲史, アメダス観測点を対象としたd4PDFバイアス補正降水量データセット, 水文・水資源学会2018年度研究発表会, 三重, 2018
  4. 渡部哲史, 大規模アンサンブル気候予測データの簡易的な利用手法の検討, 平成29年度土木学会全国大会 第72回年次学術講演会, 福岡, 9月, 2017
  5. 渡部哲史, 木村匡臣, 西原是良, 五名美江, 乃田啓吾, 中村晋一郎, 水文・水資源学会2017年度研究発表会, 北海道, 2017
  6. 渡部哲史, 田上雅浩, 恒川貴弘, 平林由希子, 鼎信次郎, 全球氷河モデルと世界水資源モデルを用いた将来の水資源・食糧生産の展望, 水文・水資源学会2014年度研究発表会, 宮崎, 2014
  7. 渡部哲史, 鼎信次郎, 瀬戸心太, 平林由希子, 沖大幹, GCM出力値補正手法を適用した際のGCM間の将来予測差に関する考察, 水文・水資源学会2012年度研究発表会, 広島, 2012
  8. 渡部哲史, 鼎信次郎, 沖大幹, 温暖化影響評価研究に向けた気候モデル出力値バイアス補正手法の検証と改良, 水文・水資源学会2009年度研究発表会, 石川, 2009

その他報告 等

  1. 木村匡臣, 海津裕, 安田花南, 渡部哲史, ラジコンボートと小型ソナーを活用した簡易ため池測深装置の試行, 農業農村整備政策(農業農村工学会農業農村整備政策研究部会報), No.6, 2020
  2. 渡部哲史, 小槻峻司, 峠嘉哉, 丸谷靖幸, 綿貫翔, 山田真史, 林義晃, 仲吉信人, 木下陽平, 木村匡臣, 田中智大, 橋本雅和, WACCA meeting 10 「水文・水資源学 Beyond 2030 ワークショップ」会議報告,水文水資源学会誌,33巻 No1,pp17-22,2020
  3. 木村匡臣, 渡部哲史, 西原是良, 中村晋一郎, 乃田啓吾, 田中智大, 辻岡義康, 中山間地域の持続的治水・利水戦略に向けた学際的取り組み, 農業農村工学会誌, 86(11), pp981-984, 2018
  4. 田中智大, 小槻峻司, 中下慎也, 田上雅浩, 渡部哲史, 丸谷靖幸, 綿貫翔, 柿沼太貴, WACCA meeting 07 会議報告「研究手法に着目した水関連研究の新たな発展可能性」,水文水資源学会誌,31巻 No1,pp33-41,2018
  5. 渡部哲史, 田中智大, 丸谷靖幸, 峠嘉哉, 木村匡臣, 田上雅浩, 木下陽平, 林義晃, 池内寛明, 山田真史, 吉田奈津妃, 佐々木織江, 神谷秀明,WACCA meeting 06 会議報告 「水関連研究の現状と課題」,水文水資源学会誌,30巻 No4,pp260-265,2017
  6. 田中智大, 渡部哲史, 丸谷靖幸, 小槻峻司, 萬和明,水文・水資源学会有志による学会意識アンケートの結果を通した若手・中堅世代の学会に対する認識について,水文水資源学会誌,30巻 No4,pp245-259,2017
  7. 渡部哲史, 高橋潔, 肱岡靖明, 河宮未知生, 沖大幹, 鬼頭昭雄, IPCC 地域気候予測とその影響評価・リスク解析への利用に関するワークショップ 参加報告,水文水資源学会誌,29巻 No1,pp79-84,2016
  8. 渡部哲史, 山崎大, 渡辺恵, 小槻峻司, 五十嵐康記, 仲吉信人, 田上雅浩, 木下陽平, 池内寛明, 木島梨沙子, 田中智大, 吉田奈津妃, 佐谷茜,水文学若手会 水関連分野次世代研究探索ワークショップ(WACCA meeting 02)会議報告「水関連分野における分野融合の可能性と意義」,水文水資源学会誌,28巻 No6,pp304-312,2015
  9. 渡部哲史,瀧本浩史,仲吉信人,大泉伝,小槻峻司,峠嘉哉,水文水資源学会 水文学若手会 活動報告書2011:若手会参加者の災害対策に対する問題意識と提案,水文水資源学会誌,24巻 No5,pp300-306,2011

その他・出版

  1. Yamazaki, D., S. Watanabe, Y. Hirabayashi, Global Flood Hazard: Applications in Modeling, Mapping and Forecasting. Chapter 10:Global flood risk assessment and projections of climate change impacts, American Geophysical Union, Jul 2018
  2. Hatoyama, K., and Yu. L. Mazurov (Eds.), S. Watanabe, Environmental Risks for Socioeconomic Development:Proceedings of the 3rd Russian-Japanese (2nd STEPS) collaboration seminar for sustainable environment, Hydrological Risks under climate change, MSU Publishers, 2018

その他・発表

  1. 渡部哲史:数値モデルであらわす水循環~水循環シミュレーション研究の世界~、宮城県仙台二華高校、1月、2018
  2. 渡部哲史:数値モデルによる水循環シミュレーション~水循環研究に数値モデルが果たす役割~、宮城県仙台二華高校、3月、2019

参加プロジェクト・外部資金
Projects

東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻 河川/流域環境研究室

東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻 社会連携講座「水循環データ統融合の展開学」

連絡先
Contact

〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学工学部1号館245
stswata [at] hydra.t.u-tokyo.ac.jp

ページのトップへ戻る